バルサに対する事件によるガラタサイフィールドの部分閉鎖

fcバルセロナ - バルセロナニュース バルセロナニュース バルセロナの結果 バルセロナの試合概要 バルセロナ

 バルサに対する事件によるガラタサイフィールドの部分閉鎖



2022年4月22日









12:37CESTに行動する







UEFA統制、倫理および懲戒委員会(CEDB)は、トルコのガラタサライを制裁し、ヨーロッパの大会の次の試合でスタジアムを部分的に閉鎖し、オブジェクトを投げた場合に2万ユーロの罰金を科しました。 バルセロナ戦のヨーロッパリーグ第16節の第2戦。



UEFAが発表したように、スタジアムの部分閉鎖は2年間の試用期間の対象であり、トルコのファンが座っている東側のスタンドに影響を及ぼし、報告された事件が発生した隣接セクターには少なくとも3,000席があります。



バルサはイスタンブールでペドリとアウバメヤンのゴールで1-2で勝利し、最初のレグで0-0で引き分けた後、オスマン帝国を排除しました。



Original Content



VIEW MORE

Original content at https://fromthesource.link/2022/04/23/%e3%83%90%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%81%ab%e5%af%be%e3%81%99%e3%82%8b%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%bf%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89/
All rights are reserved for the original content (link in the upper line) author's
Acording with the Digital Millennium Copyright Act (“DMCA”), Pub. L. 105-304 If you believe that your copyrighted work is being infringed, notify our team at the email [email protected]

Top 20