バルサで最も長く活躍した元選手、ロピスが亡くなりました

fcバルセロナ - バルセロナニュース バルセロナニュース バルセロナの結果 バルセロナの試合概要 バルセロナ

 バルサで最も長く活躍した元選手、ロピスが亡くなりました





SPORT.es









2022年5月11日00:21CEST







The FCバルセロナ の死の今週の火曜日遅くに報告しました Joan Batiste Llopis 106歳で。 Llopisは、最も長く活躍した元バルサ選手でした。 彼は1941年から1943年の間にバルサの枠組みを擁護し、6回の親善試合を行いました。



Llopisは1916年5月20日にカルカイヘントでオレンジビジネスに専念する裕福な家族に生まれました。 彼はEscolaPiade Alziraチームでプレーし始め、後にUD Carcaixent、バレンシアのユースチーム、 FCバルセロナアマチュア(1941年から1943年の間) UDCarcaixentに戻ります。



Llopisは1942年1月1日にバルサとエウロパの間の親善試合でデビューしました(7-2) レコルツで開催され、これらの特徴を持つ他の5つの会議、ブラネス、テラサ、トルトサ、マルティネンク、レウスに並んでいました。 彼は、とりわけ、一緒に遊んだ Balmanya、Gonzalvo III、Sospedra、Benito、Llàcer、MartínezAlama、Franco、Seguer、ValleまたはCalvet。



JoanBatisteは2008年までBarçaと連絡を取りませんでした、102歳で、バルサの実体から賛辞を受け取ったとき、そして103歳で、彼は初めてカンプノウでの試合に参加しました(ガンパー)。 によって発見されました 塔を救う、世界サポーターズクラブ連盟の副会長。



Original Content



VIEW MORE

Original content at https://fromthesource.link/2022/05/11/%e3%83%90%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%81%a7%e6%9c%80%e3%82%82%e9%95%b7%e3%81%8f%e6%b4%bb%e8%ba%8d%e3%81%97%e3%81%9f%e5%85%83%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%80%81%e3%83%ad%e3%83%94%e3%82%b9%e3%81%8c%e4%ba%a1%e3%81%8f/
All rights are reserved for the original content (link in the upper line) author's
Acording with the Digital Millennium Copyright Act (“DMCA”), Pub. L. 105-304 If you believe that your copyrighted work is being infringed, notify our team at the email [email protected]